手術で小陰唇肥大の悩みを解消|快適に過ごせます

ウーマン

手術の方法

レディー

カウンセリングで小陰唇肥大の手術方法を決めた後は、現在の小陰唇の形を測ってデザインを考えます。その後麻酔を行い、デザインに沿って切除や縫合を行います。メスで切除する場合出血があるので、数日間はガーゼを当てる必要があります。

もっと読む

きちんと調べる

困るレディー

信頼できる病院を選ぶことで、安心して小陰唇肥大の手術を受けることができます。仕上がりがきれいになるかということは医師の技術にかかっているので、実績や評判を調べて比較することが大切です。

もっと読む

いろいろな悩み

女の人

小陰唇の大きさというものはなかなか人と比べる機会はありませんが、小陰唇肥大で悩む人はたくさんいます。一般的な小陰唇の大きさは2cmほどと言われ、これを超える大きさのものを小陰唇肥大としています。小陰唇肥大での悩みはまず、見た目が気になるというものがあります。男性経験が多いと小陰唇肥大になるという訳ではありませんが、サイズが大きいと恋人からよく思われないのではないかとコンプレックスに思う人が多いです。大きさの他にも、小陰唇肥大になると擦れやすくなるため小陰唇が黒ずむことがあります。このような見た目の悩みの他に、小陰唇肥大が進むと日常生活に支障をきたすようになります。歩いているときに擦れて痛くなることもありますし、座ったときや自転車を運転するときに小陰唇が潰れて炎症を起こすこともあります。自然と治っていくものではないので、症状で悩んでいるなら病院で手術を受けましょう。手術を受けると、サイズが小さくなり形が整い、黒ずみも除去できるためコンプレックスが解消されます。また、痛みが出にくくなるため快適に過ごせるようになり、デリケートゾーンに汚れがたまりにくくなります。
手術の方法は、肥大した部分の皮膚を取り除き形を整えていくというもので、メスを使用する方法やレーザーを使用するものがあります。メスを使用した方法は切除した後に縫合し、糸を取り除くというもので手間がかかりますが、レーザーよりも安い費用で行なうことができます。

術後の注意点

女性

小陰唇肥大の手術をしたら、しばらく安静に過ごす必要があります。激しく動いてしまうと出血が激しくなり、治りが遅くなってしまうからです。傷の治り方は人によって差があるので、医師と相談しながら運動や入浴を行なうタイミングを決めてください。

もっと読む